安全で便利な赤外線ランプ

赤外線ランプと波長

赤外線ランプと波長 赤外線は見えない光線と言うことで様々な場所のセンサーとして使われています。
具体例を挙げると、人感センサー付きのライトは人が来たことを検知しライトを点灯させたりしますが、それも赤外線を検知しており、前後で変化があれば動作するといった仕組みです。
他にも自動ドアでも使われていますし、トイレなどの手を洗う場所でも使われており、そこでは蛇口をひねらなくても手をかざすだけで水が自動的に出てきます。
さて、赤外線は紫外線と共に太陽光に含まれているのはご存知でしょう。
目で見ることが出来る可視光線は七色の虹に見られるように様々な光を含んでいます。
赤外線はその言葉で一括りにされていますが、波長の違いで「近」と「中」と「遠」という字を前に付けて区別します。
例えば、遠赤外線という言葉は一般的な商品にも使われているので、多くの人がご存知だと思います。
ところで赤外線ランプという言葉を聞いたことがあるでしょうか、ヒーターとして使われたりしますが、代表的なのは寒い冬には欠かせない暖房器具のコタツです。
その中には赤外線ランプヒーターが使われています。
赤外線ランプは様々な波長を出すことが出来ます。

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について

赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度について 赤外線ランプを使用した製品が放出できる熱の温度は、製品が使用している発熱体によって異なりますが一般的には数千度までの熱を放出できるようになっています。
理由として赤外線ランプの発熱体に使用されているカーボンファイバーの耐久温度が数千度になっているので後は高出力な電源とそれに対応できる電気コードや内部の電子基板を確保することができれば非常に高い発熱を得られることができます。
もちろん電気のエネルギーを使用しているので光熱費がかかってしまいますが、エネルギーの変換効率はガス式の製品よりも高いので非常に低燃費です。
赤外線ランプを使用した製品はいくつか種類があり、使用されているカーボンファイバーの種類が大きく異なっています。
例えば従来製品よりも不活性ガスを使用することによって遠距離まで放熱できるように設計されたハロゲンヒーターがあります。
これは一般的な赤外線ランプを使用した製品とは違って低出力ではありますが非常に自由度が高く安全性能が高いです。

新着情報

◎2022/12/19

情報を更新しました。
>赤外線ランプは多くの暖房機に活用されている
>赤外線ランプは美容や医療の分野でも役立てられている
>比較的消費電力が少ない赤外線ランプについて
>赤外線ランプの寿命はどれくらいの長さなのか
>赤外線ランプと人体の関係と可視光線のお話

◎2020/1/29

料理や身体を均一にあたためます
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

爬虫類は赤外線ランプが必要
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

熱に特化した赤外線ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

赤外線ランプとペット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

赤外線ランプとスペクトル
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「赤外線 波長」
に関連するツイート
Twitter

【ざっくり解説 3】 そうは言うもののレーザー光は大気を通過するにあたり減衰してしまいます 赤外線波長の2ミクロン帯の光は大気に吸収されないので軍事的に扱うのはこの領域の光ですが それでも破壊対象の相手がその光を吸収して熱破壊してくれないと困るので、 1000兆ワットのパワーを1~

ギリギリ赤外線波長発してるひとがいる

色別の赤外線吸収率で少し意外なのが緑が黒に近いくらい高く紫はそこまでではない。実際に主に熱に変わるのが可視光線ではなく赤より波長が長い赤外線である故。 ここまで踏まえると、夏季の晴れた日に主に自分自身が涼しい為には薄ピンクの服が、主に見た目が涼しい為には水色の服が良いとなる。

私たちは、望遠鏡を使って遠くにある天体を観測しています。天体観測といえば可視光線が真っ先に頭に浮かぶと思いますが、天体から放出される光(電磁波)は可視光線だけではありません。赤外線、電波、X線など、様々な波長の光が観測されています。

似たような事例はたくさんあります。 例えば「恒星にはさまざまな波長の光を出すものがあるが、太陽の光が可視光なのは奇跡」 これは地球で活動する上で太陽の光がよく見えるように目が進化した結果なので、太陽がもっと赤外線よりの色ならそう進化します。 これを奇跡と呼ぶかと言われると要検討。